開発生産性向上のために

ー For improving the development productivity ー

野川技塾: ビジネスイメージ

ビジネスにおいて「開発生産性の向上」は必須です

 高齢化による人手不足、製品のコモディティ化やSDGs対応によるビジネス環境の変化、IT・IoT・AIによるデジタル技術の進展、アディティブ・マニュファクチャリング(3Dプリンタ)による生産の革新等、ものづくりを取り巻く環境が大きく変化しようとしています。そのため、企業は「より高い生産性を実現しながら、新しいビジネスに対応する組織」への変革を求められています。また、諸外国に比べて低い日本の生産性を上げていくことは、グローバル・ビジネスでの課題でもあります。


開発生産性は向上できます

 今、特に知的生産性の分野、中小企業での生産性の向上の必要性がクローズアップされています。

野川技塾は、製造業においては技術・製品の開発における生産性(「開発生産性」)の向上が課題克服のためキーであり、技術力の向上生産性向上の仕組みの構築人材育成・知識伝承の3つの改善活動を同時に推進していくことで、それを実現できると考えています。


目指すのは「人づくり」「組織づくり」

 この改善活動は、社会の変化に合わせて間断なく行われるべきものですので、直近の課題解決に加えて、基盤構築のための「人づくり」「組織づくり」を常に目的の一つとして進めなければなりません。

 野川技塾は、コンサルティングを通して改善の方法をお伝えすることで、お客様ご自身で改善を継続していくための基盤や風土の醸成までお手伝いさせて頂きたいと考えています。


野川技塾: 開発生産性コンサルティングイメージ

開発生産性コンサルティング

野川技塾: 技術開発コンサルティングイメージ

技術開発コンサルティング

野川技塾: 人材育成・知識伝承イメージ

人材育成・知識伝承



What's New


野川技塾: Wha'sNew1

2019.03.28

ホームページを公開いたしました。

開発の課題に関するご相談、承ります。

お気軽に、お声かけください。



2019.06.01

ブログのページに、投稿記事のご紹介と、技術についての雑感を載せています。

是非、ご一読ください。